FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マエケンLA! ロシアの美女軍団

2016年 01月08日 10:49 (金)

前田健太
LA Dogers と8年契約を結んだ。背番号は18番!!

広島からポスティングシステムでメジャー移籍を目指していた前田健太(27)のドジャースへの入団が秒読みに入った。スポーツ専門チャンネル「ESPN」(電子版)が4日(日本時間5日)に伝えたところによれば、メディカルチェックで異常がなければ正式に契約を交わすという。現地の代理人筋によると前田の年俸が予想をはるかに下回る額になったのは、「夫人の意向が結果的に足を引っ張ってしまったのが原因だ」という。

 米国の報道では、前田に提示された年俸は312万5000ドル(約3億8000万円)。8年契約で毎年、1000万ドルから1200万ドル(約12億円から14億4000万円)の出来高が設定されているとはいえ、基本年俸は昨季のメジャー平均年俸381万8923ドル(約4億6000万円)を下回る。広島での昨季の年俸は3億円。「日本球界の現エース」という看板を引っ提げて海を渡る決断をし、首尾よくドジャースというメジャー屈指の資金力を誇る名門球団が獲得に名乗りを上げながら、渋チンと言われた古巣とほとんど変わらぬ条件を提示されるとは、本人も想像していなかっただろう。「マエダは右肩と左太ももに故障歴がある。メジャーに来てから利き腕を痛めたダルビッシュ、タナカらの例もあり、ドジャースがリスクを恐れたのは確かだ。加えてもう一つ、ポスティングにかけられたマエダとの交渉が解禁となった昨年12月10日の前から『マエダの希望は西海岸』との情報が米球界には伝わっていた。聞けば、それはマエダ夫人の強い意向で、東海岸の球団は最初から交渉のテーブルに着く余地がないという話だった。夫人が2歳半の長女の生活環境や教育環境を重視し、ロサンゼルスでの生活を条件にしていると具体的に広まった。子供と生活のことを考えれば当然のことだが、これではドジャースを“逆指名”しているようなもの。しかも、マエダの家では夫人の意向がなによりも優先されるとの情報まで出回ったからね」(冒頭の代理人筋)

 複数球団による争奪戦になれば、必然的に条件は高騰する。が、早くから前田サイドの意向が漏れたことで、結果的に交渉球団の間口を狭め、ライバル不在のドジャースに足元を見られたのだ。



ロシアのとある清掃イベントに集まった一般人の女の子たちのスタイルが良すぎる!!
こんな奉仕活動があったら是非参加したいと思ってします。。。
khark_5.jpeg



※18歳未満は閲覧できませんので、ご退出ください。
AVJUNKY(JAPAN PORN)


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。